ピグマリオン効果を活用するべし

昨日、津市に住んでいる友人と電話で長話をしてしまいました。
以前は、遠距離電話は電話代を気にして時計を見ながら、それでも長話をしていましたが、最近は、スカイプを使ってインターネット通話で長話をしています。

スカイプだと、画像も送られてくるので電話よりも話しやすい感じがします。
話しやすいと言うか、コーヒーを飲みながら話をしていると、津市との距離感がなくなってしまうのも、不思議な感覚です。

で、話しのメインは、津市の友人が「とうとう、子供に家庭教師をお願いすることにした」ということから、「どうしたら子供に勉強の楽しさを知って貰うか?」ということでした。

話の中では、「自分たち自身が、小学校の頃、勉強楽しいと思ったことないから、子供に勉強が楽しいと思わせるのは、無理じゃないかな・・・」という絶望的な話題に。

でも、その友人からとても面白いことを教えて貰いました。
まぁ、その友人は家庭教師の学生から教えてもらったのだそうですけど・・・。

ピグマリオン効果というのがあって、教育現場では教師期待効果とも言うのだそうです。
子供が先生の期待を読み取って、その期待に応えようとする行動を通して能力や意欲が高まっていくという考え方なのだそうです。

やはり、期待は大事なのね・・・というところで終了しました。家庭教師のデスクスタイル

詳しいことは▲家庭教師のデスクスタイル津市の家庭教師が参考になります。▼

Posted in 未分類


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>